KOSEN{BLOG}について

勉強会に登壇してからの感想と反省点

登壇した勉強会

初心者向けSwift勉強会 【ハックツトレジャー Vol.4】

登壇の経験をして良かったこと

  • 参加者の反応 この勉強会がためになったとか参加者が反応くれるとめっちゃ嬉しい!
  • 自分の顔を知ってもらえること 自分の周りに同じ技術について語り合える人がいないので、こういったコミュニティーに参加することで新たな知見を得たりその技術について語り合える人と繋がれるのはとても素晴らしくて楽しいものだと言うことを再確認することができた。
  • 純粋に人に教えることが好きということがわかった。
  • 運営側の人の苦労がわかった

工夫したところ

  • 勉強会の内容を聞いたの記事に書いて公開したところ 勉強会の振り返りがしやすい、動画でわからないところを記事で確認できる。
  • コードをGitHubで管理したところ ベースとなるアプリケーションからブランチを切って追加のアプリケーションを作ることによってアプリの拡張性をフルに使えた。
  • Comment Screenのアプリを使って参加者のコメントを拾ってそのままフィードバック

ハンズオン勉強会を終えての反省点

勉強会の最中に質問を投げてくれた方がいて、簡単に説明しようと頑張っていたのですが、初心者向きの質問じゃないなと感じたので全体像を伝えた上で今回の勉強会とは趣旨が違ってきたので説明を飛ばさせていただきます!って言ってしまいました。

でも、質問した方はそれについて知りたかったわけで、あの時どうやって返事をしたら良いのか今でもモヤモヤ

あとオンラインのハンズオンだと受講者の顔や進み具合が分からないのでコメントがないと説明をが早すぎるんじゃないかとか逆に早く進みたい人がいるんじゃないかとかを考えてしまって常に落ち着きがない感じ。

今回はComment Screenと言うアプリケーションを使ってニコニコ動画のようにコメントが画面上に流れて来れたので、ある程度の疑問や反応は見ることができたのですか、コメントするのに慣れていない方のサポートがしにくいなと感じました。

ハンズオンオンライン勉強会を終えての所感

初めての登壇は、いろんな人のサポートありきの登壇になりました。ハンズオン勉強会をする時はオフラインの発表する時より準備が必要で大変でした!

反省点を踏まえて次の勉強会に生かしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。