KOSEN{BLOG}について

EA作成について

EAとは

EAとは、Expert Advisor(エキスパートアドバイザー)の略称です。

無料のトレーディングソフト「MetaTrader」で使うことができる自動売買用のプログラムのことです。

売買や決済の条件など、詳細なロジックを書き込むことで成り立ちます。

MetaTraderで起動させれば、組み込まれたロジックに従って自動的に売買と決済を行ってくれます。

EAを用いることで、FXのトレードを自動化することができるのです。

EAを利用するメリット

  • トレードを自動的に行ってくれる
  • 取引の最大の敵である感情が入らない

トレードを自動化

FXを始めようと思っても、実際付け焼刃では勝ち続けることは難しいです。

はじめのうちはビギナーズラックでか調子がいい時もありますが、

勉強していかないと長くは続きません。

しかし、多くの方は仕事をしながらのFxなどの資産運用をしていらっしゃるのではないでしょうか。

FXの勉強を限られた少ない時間の中でしなければなりません。

しかし、EAにトレードを任せてしまえば、時間をより有効的に使うことができます

定めたルールに従ってエントリーをし、利確すべきタイミングで自動で利確をしてくれます。

チャートに常に張り付いている必要も無くなります。

取引の最大の敵である感情が入らない

トレードでは、感情が介入して売買の判断が狂うことが最も危険と言われてます。

EAの一番のメリットです。 「もう少ししたら値段が上がるかも」、「もう少し値段が下がるかも」

という根拠のない希望的推測はトレードにおいて邪魔でしかないです。

EAであれば、定められたルールでしか動かないため感情移入する心配が無くなります。

EAであれば感情の入っていない相対的に勝つ可能性が高いタイミングで

機械的に取引を行うため、相対的に勝つ可能性が高くなると考えます。

EAを利用するデメリット

  • 使ってみるまで勝てるかわからない
  • 柔軟に対応できない

利用するまで勝てるかわからない

どうしても実際に利用してみるまでは、

その自動売買プログラムが勝てるかどうかは知ることはできません。

バックテストを行って過去検証はできますが、

バックテストで利益をあげていたから今も勝てる相場であるかどうかはわからないです。

資産運用にはリスクがつきものです。

絶対に勝つことが出来る投資はないので、リスクは常に意識することが大切です。

柔軟に対応できない

これはEAはプログラムであり機械である以上仕方ないことだと思います。

人間がトレードをする場合は色々考え臨機応変に対応できますが、EAはできません。

例えばですが、時事からいくと「新型コロナウイルス」などがありますね。
相場が荒れた、荒れそうって思うこともあるかもしれません。

その場合、人間だと「とりあえず様子見で取引控えようかな」ということができますが、

自動売買の場合は関係なくただ淡々と取引を続けます。

MQL4(プログラミング言語)

MetaTraderには、プログラムを作成するための専用エディタである「MQL4」が搭載されています。

これを使い自分の売買と決済のロジックをEAに組み込むことで自動売買のプログラムが完成します。

単純な売買の指示はもちろん、テクニカル指標などを

組み込むこともできるので、多彩なEAを作成できます。

メタ―クォーツ言語4(MQL4)は、プログラミングトレーディングストラテジーの為の組込み言語です。 この言語はメタクォーツソフトウェア株式会社によって開発され、オンライン取引プラットフォーム構築での豊富な経験に基づいている。

またMQL4は独自の

テクニカルインジケータ(カスタムインジケータ)・スクリプト・ライブラリを作成する事が出来ます

EA作成について

自分は裁量でFXをやってきました。

今回、プログラミング、FXが好きということでEA作成に取り組むことにしました。

完全に初心者なので、

どんなものができるかも、途中であきらめてしまうかもしれないですが挑戦するのはタダなので

挑戦だけはしてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。