KOSEN{BLOG}について

幻肢痛について

はじめに

この記事は自分の体験や同じように幻肢痛で苦しんでる人に聞いたその人の体験を織り交ぜて作成しています。

自分は腕神経叢麻痺です。

簡単に言えば腕の神経抜けちゃって腕の神経が機能していない

つまり、動かせないし感覚もないってことです。

入院してから何人か同じ傷病の方と話をしましたが、
1人を除いてはこの「幻肢痛」が半端なく痛いとのことでした。

あとは周りが全然理解していないってのもよくわかりました。

普通の人は味わえない痛みですから仕方ないんですけどね。

少しでもこの「幻肢痛」と呼ばれるものを知ってほしくてこの記事を書きます。

幻肢痛とは

幻肢痛とは

 四肢切断後の患者が、失った四肢が存在するような錯覚(phantom limb awareness)や失った四肢が存在していた空間に温冷感や痺れ感などの感覚(phantom sensation)を知覚する現象を幻肢と総称する。幻肢は四肢切断でなくても、脳卒中、脊髄損傷や末梢神経損傷などの運動麻痺や感覚遮断によっても発症し、これらは余剰幻肢と呼ばれる。また、乳房や陰茎、眼球などの切除後にも幻身体は現れる。幻肢に痛みを感じる現象を特に幻肢痛と呼ぶ。

入來 篤史 幻肢痛 脳科学辞典 https://bsd.neuroinf.jp/wiki/幻肢痛 (2012) 

どんな痛みなのか

どんな痛みなのか複数人に聞いてみましたが痛みの表現は人によって異なります。

  • 焼かれてるような感覚
  • 内側からえぐられてるような感覚
  • 針で何回も刺されてる感覚

大体上記3つのような回答が多かったです。

正直全くイメージできないと思います。

自分は内側からグニュってされてるような感覚だったり針で刺されてる感覚だったりは確かにそんな感じかなー

って共感はできますが、表現があってるかと言われるとんーってなります。

ホントにいいたとえが見つからないんですよ

基本的に四六時中痛い

基本的に痛くないときがないです。

痛みには波があり痛いときは何もできなくなるくらいで、

比較的痛くないときはちょっと気になるなー程度です。

自分が特に痛みがひどくなる時は食事中や寝る前ですね

寝る前が一番ひどく全然寝付けないです。

薬を飲んで効果はあるのか

  • ロキソプロフェン
  • リリカ
  • タリージェ

などが自分が知ってる主に処方される薬です。

これは自分の体験談なんですが、

薬飲んでも変わりません。

薬飲んでも飲まなくても痛い

三種類飲んではみましたがどれも微妙でした。

人によってリリカやタリージェは効いてるって人はいましたが、

基本的にあんまり変わらんけど飲んでないときよりマシだからって人が多いです。

気持ちの問題とよく言われますし、薬に関しては本当に気休め程度な気がします。

ちなみに自分は今現在(受傷1年ちょっと)は痛み止めなど薬は飲まずにいます。

気持ちの問題でしょうけど前よりかは痛みがなくなったような気がします。

治療法について

聞いた話になりますが、ミラー療法やVRによる療法があります。

簡単に説明すると、鏡の横に立ち怪我していない手を動かし、怪我しているほうが動いていると脳に錯覚させることで痛みを減らそうって感じです。

VRは脳を鏡より錯覚させやすいので注目されているようです。

自分もVRをやってみたいと思ってます。

知り合いがVRを試せる会場に行くらしいですが、コロナで延期になって

まだ感想が聞けない状態です。感想が聞けてよさそうだったら自分も言ってみます。

その時にまた追記しますね。

周りの人たちへ

幻肢痛がある人の周りの人に言いたいのは、

本当に痛いので大げさやろとかあんまりバカにするのは控えてほしいです。

痛くなる時結構突然うずくまったりすることがありますが、

そのときは気遣ってあげてください

軽く見られると本当に痛すぎるので嫌な気持ちにしかなりません。

理解しろとは言えないですが、本当に痛いってことだけは知ってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。