KOSEN{BLOG}について

JavaScript環境構築-Win10

1. nvm-windows

Windows 環境の node.js の管理に nvm-windows を使用します。
nvm-windows は複数の node.js 環境が必要なケースでバージョン切り替えなどの管理が楽になるツールです。
Linux、Mac環境では nvm を使用します。
単独の node.js 環境で十分な場合は、公式インストーラ で十分です。
ウィザードに従ってインストールを行えば、node.js とそれに対応したバージョンの npm がインストールされます。

2. nvm-windows 最新インストール

nvm-setup.zip をダウンロード
https://github.com/coreybutler/nvm-windows/releases

1. 適当なフォルダを作る

C:\tools\nvm-noinstall
C:\tools\nodejs

2. zipファイルをフォルダに解凍

ダウンロードしたzipファイルを作ったフォルダに解凍する

C:\tools\nvm-noinstall

3. nvm-windows のインストールディレクトリと node.js のシンボリックリンクを作成するパスを選択する。

3. exeファイルを実行しインストールウィザードで、nvm-windows のインストールディレクトリと node.js のシンボリックリンクを作成するパスを選択します。
インストールディレクトリはC:\tools\nvm-noinstall
シンボリックリンクを作成するパスはC:\tools\nodejs
を選択する

4.settings.txtを設置する

C:tools\nvm-noinstall
settings.txt

settings.txtの中身

root: D:\tools\nvm-noinstall
path: D:\tools\nvm_nodejs
arch: 64
proxy: none

5.コマンドプロンプトを起動して nvm が動くか確認

C:\Users\ユーザー名>nvm

実行結果

Running version 1.1.7.

Usage:

  nvm arch                     : Show if node is running in 32 or 64 bit mode.
  nvm install <version> [arch] : The version can be a node.js version or "latest" for the latest stable version.
                                 Optionally specify whether to install the 32 or 64 bit version (defaults to system arch).
                                 Set [arch] to "all" to install 32 AND 64 bit versions.
                                 Add --insecure to the end of this command to bypass SSL validation of the remote download server.
  nvm list [available]         : List the node.js installations. Type "available" at the end to see what can be installed. Aliased as ls.
  nvm on                       : Enable node.js version management.
  nvm off                      : Disable node.js version management.
  nvm proxy [url]              : Set a proxy to use for downloads. Leave [url] blank to see the current proxy.
                                 Set [url] to "none" to remove the proxy.
  nvm node_mirror [url]        : Set the node mirror. Defaults to https://nodejs.org/dist/. Leave [url] blank to use default url.
  nvm npm_mirror [url]         : Set the npm mirror. Defaults to https://github.com/npm/cli/archive/. Leave [url] blank to default url.
  nvm uninstall <version>      : The version must be a specific version.
  nvm use [version] [arch]     : Switch to use the specified version. Optionally specify 32/64bit architecture.
                                 nvm use <arch> will continue using the selected version, but switch to 32/64 bit mode.
  nvm root [path]              : Set the directory where nvm should store different versions of node.js.
                                 If <path> is not set, the current root will be displayed.
  nvm version                  : Displays the current running version of nvm for Windows. Aliased as v.

3. .node.js 最新インストール

1.node.js 最新インストール

C:\Users\ユーザー名>nvm install latest

実行結果

Downloading node.js version 12.3.1 (64-bit)...
Complete
Creating C:\tools\nvm-noinstall\nvm\temp

Downloading npm version 6.9.0... Complete
Installing npm v6.9.0...

Installation complete. If you want to use this version, type

nvm use 12.3.1

2.使用するnode.jsのバージョンを設定する。

C:\Users\ユーザー名>nvm use 12.3.1

実行結果

Now using node v12.3.1 (64-bit)

3.nodeのバージョンを確認する

C:\Users\ユーザー名>node -v

実行結果

v12.3.1

4.nvmで管理しているnodeのリストを確認する。

C:\Users\ユーザー名>nvm list

実行結果

* 12.3.1 (Currently using 64-bit executable)

バージョンを切り替える
C:\Users\ユーザー名>nvm use 使いたいバージョン
(自分の場合ほかのバージョンが入っていない)

4 node.jsを使ってjsファイルを実行する方法

1.適当なフォルダを作る。

今回はわかりやすいようにdesktopに「node-test」というフォルダを作りました。

2.js ファイルを作成する。

その作った node-test フォルダの中に「hello.js」という js ファイルを作成する。
test.js の中に書くのが実際に実行したいスクリプトです。

今回はテストなので

console.log("hello world");

とログをだすだけにします。

3.実際に動かしてみる

C:\Users\ユーザー名\Desktop\node-test>node test.js

実行結果

hello world

と「hello world」とログが出ます。

ブラウザだとデバッグツールのコンソールタグに console.log の内容が出ます。コマンドプロンプトだとそのまま表示されます。

これでJavaScriptをwindows上で実行できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。