KOSEN{BLOG}について

Fx取引単位ロット

ロットとは?

1. 通貨

まず最初にFXでは「通貨」という単位があります。 この「通貨」という単位が最小単位になります。

USD/JPY(米ドル/円)の通貨ペアの場合

 

1通貨=1ドルを円で買う(または、売る)

EUR/JPY(ユーロ/米ドル)の通貨ペアの場合

 

1通貨=1ユーロをドルで買う(または、売る)

GBP/JPY(ポンド/円)の通貨ペアの場合

 

1通貨=1ポンドを円で買う(または、売る)

2. 1LOT=〇〇通貨

海外業者は基本的に1lot=10万通貨で取引します。 (国内業者は基本1万通貨です。)

なぜわざわざLOTって単位を使うのかはあまり深く考えないほうがいいと思います。 (100通貨、1000通貨などの少額で取引する人が圧倒的に少ないからだと思ってます)

3. 1LOTに潜む落とし穴

1LOTとはいえ10万通貨であるので米ドル/円の場合、単純計算で1000万円分保有することになります。

今大体1ドル107円ですがこれが1円増え108円になると10万の利益(損失)になります。 初心者がレバレッジをかけ1LOT単位で取引すると100万なんて余裕で溶かすこともありうるということです。

デモより実践を!

初心者の内はデモトレードで勝てるようになってからリアルのお金をかけたトレードをしましょう!」なんてことを耳にしますが、

僕はこれは危険だと思います。

理由として、 リアルマネーを使うか使わないかの違いは物凄く大きいってことです。

デモトレードとリアルマネー取引はお互いに共通する部分もありますが トレードにおいて大事なメンタル面が全く違います。

お金へのプレッシャー欲と失う怖さがデモトレードには皆無です。

この「お金へのプレッシャー」に打ち勝つという、トレーダーとして誰しもが通る道を、デモトレードでは一切通ることが出来ません。

これがほんとに危険なんです。

デモで勝てるようになったし、リアルトレードでガッツリ稼ぐしか! と意気込んで1LOTで取引すると速攻で相場から退場することになるでしょう。

なので、最初の内から少額でもいいからリアルマネーでやることが大事です。

基本的に取引できる最低の1000通貨(0.01LOT)くらいのトレードがいいです。

これなら10pipsで100円しか変わらないので資金の増減はあまりしないので。

(pipsに関しては次の記事で こちら

この辺は失って、ちょっと痛みを感じるくらいの金額で「勉強代」としてすっきり割り切れるくらいの額にしましょう。

これでトレードの技術、知識を身につけつつ、お金のプレッシャーへの耐性、相場に慣れてくのがいいと思います。

最後に

この少額取引で月単位でトータル+に持っていけるようになったら段階てきに3000通貨、5000通貨・・と上げていくのがいいと思います。

早く稼ぎたい気持ちはとてもよくわかりますが、FXはギャンブルではなく投資であることを忘れないでください。 欲に負け高LOTでの取引はギャンブルみたいなものです。

この1ロットで普通にトレード出来るようになるまでが一番時間がかかる部分だと思っています。 お金を増やすことが目的なので損失を極力減らす努力はしたほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。