KOSEN{BLOG}について

pipsとは?

値幅を表す単位pipsとは

今回pipsについて説明をするために 併せて通貨ペアについても説明していきたいと思います。

pipsについて

通貨ペアは様々あります。米ドル/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドルなど 円やドルなど値幅を表すのに不便なので値幅を表す共通の単位を決めましょうってことでできたのが「pips」です。

FXの世界では「通貨の1%」あるいは「値動きの最小単位」を指します。

たとえば米ドル円の場合、日本円の最小単位である1円の1%なので1pips=0.01円(=1銭)。

 

ユーロ米ドルの場合は、最小単位は1セントなので1pips=0.0001ドルになります。

このようにその通貨の最小単位から小数点が2桁下がるとpipsになります。

(米ドルの場合最小単位は「1ドル」ではなく「1セント」になります。)

投資効率を見るために

pipsが普及している理由は、通貨単位と違いpipsを利用すると投資効率を見ることができます。

たとえば、証拠金100万円で100pipsの値幅で稼いだ人と、証拠金1億円で1pipsの値幅で稼いだ人がいるとします。

その場合、利益は同じ100万円ですが、少額の証拠金で大きな利益を得ている前者のほうが投資効率がいいというのは一目でわかると思います。

実際に計算!

言葉だけじゃわかりにくいと思うので具体例を出して計算してみましょう!


米ドル/円の取引を0.1LOT(1万通貨)で100pipsの値幅分利益がでたとしましょう。

100pips=100×0.01円=1円

 

一万通貨なので

 

1万×1円=1万円 の利益になります。

さらに、取引単位を上げて10万ドルにすると、利益は10万×1円=10万円になりますね。

最後に

「FX初心者の主婦が、家事の合間にスマホで1日15分で、1万円を100万円にしました♪」のように書いてある広告のおかしさに気づくと思います。

1万円の証拠金レバレッジ25倍…米ドルが100円だとすると2500通貨 ここまで言えば大体わかってくると思いますが、1pips獲得で25円の世界。 仮に1日100Pipsずつ取り続けても、約2か月かかるらしいです

初心者が二か月の間レバレッジMAXで1日15分で毎日取り続けるなんてありえないです。

FXは簡単です。などといってるのは信用できませんね。 FXは甘くないです。大損する可能性の方が高いです。しかし、FXの可能性は大きいです。 しっかり知識をつけコツコツとトレーダーとしての経験値をためていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。