KOSEN{BLOG}について

高専に進学するなら知っとけ!ヤバイ高専のリアル

進路候補として「高専」はどうなの?って悩んでいる方は多いと思います。

そんな方に向けて卒業生という視点で体験談を書いていきます。

志望高校を決める時は中学生。

まだ中学生なので非常に悩んだりすると思います。

「進路を決める」ってことは 自分の将来を左右するであろう進路を決める選択です。

進路決定真っ最中の中学生やその親御さんの参考になればという思いで書かせていただきます!

注意

卒業してすぐ(令和一年度卒業)の卒業生が語るリアルな高専についての記事ですが、

すべての高専に当てはまるかはわかりません。 あくまでも参考程度にお願いします!

高専について

知名度は上がってきたとは思いますが実際のところ 高専ってなに?って方が大多数だと思います。

高専の正式名将は「独立行政法人 国立高等専門学校」です。

どんなとこ?

通常、中学校を卒業すると高校へ進み通常3年間で卒業です。

しかし、高専は5年間で卒業と高校と比較して2年間多く学びます。

高専卒業生のめざましい活躍は、15歳からの早期専門教育が実証しています。

高専では、数学、英語、国語等の一般科目と専門科目をバランスよく学習します。

また。実験・実習が多く大学とほぼ同程度の専門的な知識、技術が身につけられるよう工夫されてます。

特に卒業研究では、学会で発表できるような水準の高い研究も生まれています

主な特徴は以下の様になっています。

  • 中学校卒業から5年間の一貫した専門教育

  • 実験・実習・実技を重視した実践的技術教育

  • 卒業生に対する求人倍率約10~20倍、就職希望者の就職率ほぼ100%

  • 卒業生の約4割が高専専攻科へ進学か大学3年次へ編入学

多種多様な学科

学校毎に学科の呼び名は異なりますが、

大枠では『機械・電気・情報・化学・建設・商船・その他工業・工業/商船以外』と8分野に分かれます。

大体一つの高専に5つくらいの学科があります。

また、進学する際は学校ではなく学科を重視するのをオススメします。

例えば建築学科に入りたい受験生の場合、

自分の住んでいる近くの高専に建築系の学科がなかったら他の高専を検討するのをオススメします。

理由としては、希望しない学科で5年間も学ぶことになると精神的にもきついと思います。

学校を退学してった人もいますしね。

ですが、したいことがない場合学科は適当でもいいと思います。

正直なところ実際に触れてみないと好きか嫌いとかわからないため、どの学科が適しているかは運な気がするからです。

自分は将来したいことが特になかったので近くの学校選んでからその中でこれでいいかなーって感じで決めました。
それが電気電子工学科でした。

  • 将来したいことが明確ではなかった
  • 入った学科に興味はなく何となくで入った
  • 親が高専を滅茶苦茶推してきたから

こんな入る理由が適当でも卒業できました。

本人の適正とやる気かなーとは思います。

なので結局のところ合う合わないは運なところもあるということですね!

ちなみに、全国の高専の学科一覧はこちらの「kosen_campus_department」から見れます。
情報が古いかもしれないので気になる学科があったらその学校のホームページに行って確認しましょう。

工業高校との違い

偏差値が高い

全国に51校ある高専の中でも偏差値が高い6つの学校では、偏差値が60後半となっておりレベルが高いです。

偏差値が高い高専は、国立高専の中でも歴史ある学校が多いのが特徴です。

偏差値が高い6つの高専を名前だけ以下に紹介します。

  • 偏差値68 「明石工業高等専門学校」(国立・兵庫県)
  • 偏差値67 「鈴鹿工業高等専門学校」(国立・三重県)
  • 偏差値67 「久留米工業高等専門学校」(国立・福岡県)
  • 偏差値67 「徳山工業高等専門学校」(国立・山口県)
  • 偏差値66 「沼津工業高等専門学校」(国立・静岡県)
  • 偏差値66 「群馬工業高等専門学校」(国立・群馬県)
  • 偏差値66 「佐世保工業高等専門学校」(国立・長崎県)

これだけの頭脳があれば名のある進学校に行ったほうが、

と思われる方もいると思いますが就職しやすいだったり、高専→大学3年次→大学院のようなルートもありますし一概にどっちのほうがいいとかは言えないです。

大学のような自由な校風

これで進学決めた!って人も多いと思います。

基本的に高専では髪型、髪の色、ネイル、ピアスといった身なりに関する規制は緩い。っていうか、ないんじゃないかな

あと私服での登校も大丈夫だったりします。
(多分学校学年によると思います。)

自分は髪をピンク色に染めたりオレンジ、青など今しかできない色によくしてましたよ。

一年の頃からピアスをしている者もいたし特に何も言われなかったです。

商船学科は身なりに関する規則が厳しらしいとか。
いったことないのでわからないですが

身だしなみについて詳しく書いた記事がこちら

免許に関しても規制はなかったです。

バイクにすぐ乗りたい!って理由で進学したやつもいます。

でも通学には規制がありました。
バイクだと2年生から、車だと4年生からでした。

卒業まで5年

通常、高校だと3年ですが高専は5年制です。

3年修了で高卒扱いになり卒業で短大卒扱いになります。そこから就職だったり、大学に3年次編入したりします。

メリット

大学受験の苦しみが無い

高専は5年制のため大学受験がありません

これも魅力がありますね

そのため中学の同級生が頑張り苦しんでる中、普通の日常を歩んでいきます。

受験勉強がない分専門の勉強だったり資格の勉強だったり趣味バイトなどいろんなことに時間を使えます。

高校だと入ったときから大学受験に向かっていきますが、高専だとないので気が楽ですね。

自由な時間が多い(課題が少ない)

1~3年は課題はほぼなかったです。

あってもすぐ終わるようなものだったり中学の夏休みの課題のようなめちゃくちゃな量はまず出されなかったです。

基本的に前期後期で習う教科や先生が違ったりするので
そのせいで長期休みなど課題を出さないと聞いたこともあります。

あとはやはりテストで赤点さえとらなければいいみたいな感じだったってのもありますね。

4~5年はレポートがあるので忙しかった記憶がありますが、絶対に終わらねえよ!みたいな量ではなかったです。

ちゃんとしてれば終わります。

デメリット

自由な時間が増えてが故の勉強の無強制

これはいいと思う人が多いと思いますが、実際勉強しなくなるのは
今思うとだめですね。

勉強の習慣はとても大事です。

まず入学して最初に言われたのが自由についてでした。

チャイムもなく時間の管理は、当たり前ですが自分でしないといけません。

先ほども言いましたが夏休みだったり普段の授業だったりで課題が出ることがあまりないです。
ここは先生によりますが…

そのため、勉強することに対して強制されません。

後で書きますがテストで60点こえれば問題ないって感じです。

これにより勉強しなくなる人がかなりいます。
自分みたいに普段勉強はしないけどテスト前は一夜漬けしたりで勉強する人のほうがマシなくらいです。

しかし、ここまで悪いイメージですが

する人はめちゃくちゃします。

好きな教科だったり苦手な教科、授業とは関係ない資格の勉強など時間をうまく使いましょう。

大卒扱いでは無い

高専を卒業するうえで知っておかないといけないことがあります。

それは学位に関わる事です。

高専卒業時に授与される学位は、

4年制大学卒業後に授与される学士ではなく準学士(短大卒業相当)です。

高専は5年間の一貫教育を行う高等教育機関です。

受験では専門的な知識を学びますが単純に習う期間だけを見ると、
高専5年は、高校3年+短大2年と同じです。

なので高専卒は短大卒業相当と扱われるのは確かにとは思います。

準学士のデメリット

高専卒の人が有名大手企業に就職した場合、準学士という事で給与が大卒や大学院卒よりも低くなってしまうのが一般的です。

また、学歴社会を重視する会社に就職すると、大卒・大学院卒と同時期に入社しても出世のスピードに差が付く場合もあります。

 

高専に入学して、準学士ではなく学士をもらう方法は以下の2つです。

  • 専攻科に進む
  • 大学に編入する

専攻科は5年間の高専教育の上にさらに2年間のより高度な技術教育を行うことを目的とし各高専にあります。

この専攻科を卒業すると学士を取得することができます。

但し、あくまで高専の専攻科卒は「大卒同等」です。

厳密には大卒ではないので企業によっては大卒扱いとしないところもあるらしいです。
就職する際は、募集要項で大卒扱いかどうかを確認しましょう。

もう一つの方法は、大学に編入する事です。

編入は大学3年生からになりますが(2年生からの大学もある)、
編入して卒業する時は大卒になります。

ですので就職する時は、大卒扱いです。

高専の男女比は偏りがち

学科ごとで男女の比率に差があります。建築系など女子が多い学科もあります。

ちなみに自分の電気科は女子2人にたいして化学科だと半分近く女子だったりします。

しかし、下記のデータを見る限り女子の割合が増えているなと感じます。

参考までに、某高専のデータを掲載します。


引用:入学者数・収容定数・在学者数

高専の学校生活

授業時間が90分

高専の授業時間は90分です。

普通の高校生だと授業時間が基本50分です。

50分ならまだ集中力が続くとは思いますが90分となると集中力がかなり必要になってきます。

興味がないような授業だとめちゃくちゃ眠いです。

でも実際の授業は早く終わることも多いです

特に高専1~3年生の時は、早く終わらせる先生が多かったです。

赤点が60点と高い

赤点60点と聞くと高いように感じますが、ほとんどの先生が60点分は基本的な問題だったりちゃんと勉強してれば取れるような問題だったりと割と点数とれます。

とりあえずテストの点数が60超えてれば特に何も言われなかったです。

勉強してれば取れるのでそこまで心配する必要もないかと思います。

中にはやばい先生もいますが…

赤点回避ができればいい、再試あるから本試は勉強しなくていいなど という甘い考えを持つ人も実際少なくありません。

正直言わせてもらうと点数とれなくて留年する人たちは勉強不足です。

確かに人それぞれ得意不得意があります。

しかし、高専に来れるだけの頭は持ってるんだから基礎くらいは頑張ろうよって話です。

自分も2年の頃、物理がわからずたいした勉強もせず苦手と決めつけ勉強を怠ってました。

赤点もとったことあります。

でも4年の頃、これではだめだと思い基礎中の基礎から勉強しなおしてみました。

これによりあーただただ真面目に勉強していなかったんだなとわかりました。

高専祭

高専祭とは 各キャンパス交代で年に一度行われる学園祭です。

これは、学生会を核とした実行委員会を中心として学生が主体的に企画・運営します。

クラブによる模擬店や各学科の専門知識を生かした学科展示、クラス展示の他にステージイベントや文化部の発表などが行われます。

また体育祭と一緒に行う高専もあり久留米高専では、5日間の長い高専祭を行います。

参考 久留米高専高専祭久留米高専

寮生活

寮生活は親元を離れて、仲間たちと共同生活を送ります。

メリットとしてあげられるのは

学校へのアクセスの良さです。

そして共同生活を送る上での上下関係や礼儀を学び、社会にでてからも役に立てることができます。
(就職とかでアピールポイントになったりするとか…)

また寮ならではの行事を行っていて、

私の高専では、毎年餅つきやバーベキュー、ボウリング大会などを行っています。

普段はほぼ話さないような上級生や下級生と親睦を深めるいい機会になってると思います。

デメリットとはいいがたいですが個人的にはデメリットの安全確認があります。

当たり前ですが高校生のお子さんを預かっているわけなので毎日安全確認として朝と夜点呼を行います。

点呼の時間は7:45~8:15と22:00~22:15となっていて点呼に遅れると何かしらのペナルティーを課せられます。

点呼は寮内の放送でアナウンスされるので基本その音やみんなの足音で起床する人が多いです。

朝が苦手で学校に遅刻するのが心配な人は入るのも検討してみては?

しかし、完全なデメリットもあります。

それはプライベート空間がないことです。

低学年だと基本2人部屋になりますので常に部屋に友達がいる状態になっています。

高学年になれば1人部屋になりますが、壁は薄いので部屋の中で歌ったりしていると隣から壁ドンをされたりします笑

また寮にはルールがあるのでお酒を持ち込んではいけないとか点呼などもあり普通に家で生活するのとは違ってきます。

先ほどメリットを書きましたが

もう1つ個人的に最大のメリットがあります。

勉強を教えあえることです。

これは同じ学科の人が寮にいないと成り立ちませんが、

うちの寮ではテスト前に学習室が解放されそこで友達と勉強ができます。
わからないところ、苦手な教科、得意な教科を教えたり、教えてもらったりできます。

一人で勉強するのもいいですがわからないところを教えてもらったり、

理解してたと思って教えてみると意外と覚えきれてなかったりなど気づくこともありますし、自分はこの空間はとても貴重だと感じました

 

これらのメリットデメリットを踏まえた上で寮に入るか入らないかは決めたらいいと思います。

高専によりますが体験入寮なども開催している高専もあるので、体験するのが賢いでしょう。

ダークな部分

中学生の頃はどちらかと言えばエリート組の人たちなのでプライドが高い人がほんとに多いと感じます。

高専に入ってできる人たちを見てしまうと嫌味や愚痴など多くなってしまう人もいます。

そして、良くも悪くも5年間ほぼ同じ環境です。

5年も一緒にいれば仲悪かった人とも何故か普通に話せるようになるし、愚痴など言ってた過去がばからしくなってきますよ笑

また、体育祭なども特には出なくても大丈夫でした。

そのため、人によっては外とのかかわりを全く持たない人もいます。

逆に言うと、世間との関わりがなく視野が狭かったり無駄にプライドだけ高い輩がいます。
ホントに非常識なことをサラッと口に出したりします。

高専生はプライドが高い。

そのプライドで自己を高めるいい使い方をしてる人もいますし、めんどくさいひともいます。笑

一流企業?国立大?高専の就職先と進学先について

就職先・進学先

就職先、進学先は学科によって変わりますが多種多様です。

誰もが聞いたことあるような一流企業からももちろん求人きます。

っていうか求人きすぎてやりたいこと決まってない人には選ぶのが大変です。

ほんの一例として自分の電気電子工学科からの進路を以下に示します。

自分のクラスの主な進路

専攻科、大阪大学、東北大学、豊橋技術科学大学

九州電力、中国電力、キャノンメディカル、NTT、サントリーなど

大手企業など高い求人倍率

めちゃくちゃたくさんの企業から求人が来ます。

また、学校からの推薦みたいな感じになるので普通の大学みたいに一から探して、みたいな感じではないです。

求人の中からこれ。って決めてエントリーシート書いてー面接受けてーみたいな流れです。

体験したわけではなく友達のを見てたらそんな感じでした。

自分も一応求人見ましたが全部見るのはあほらしくなってみるのやめました。

それくらい求人が来ます。

大学編入など進学

進学に関しては割と自分でほとんどしないといけないです。

就職の場合資料など学校に届くので先生がわりと手伝ってくれます。

しかし、進学の場合は面接練習や自己診断書みたいなアピールかくやつの添削とかはやってくれますが

受験するための出願の受付期間などは先生たちも調べないので

自分で調べてから行動します。

過去問も自分で集めたりしないといけません。

下手すると大事なことを忘れてたとなるのでしっかり管理しましょう。

進学先ですが自分の学力次第でどこにでも行けます。

一つ上の先輩には東大に行った人もいますし、そこは勉強を頑張って、としか言いようがないです。

以下に進学についての記事を置いときます。

参考までに

高専から旧帝大へ編入するには 高専から豊橋技術科学大学編入生するには(推薦ver)

さいごに

ホントに最後に一言いうと、高専を選んでよかった。

辛いことも嫌なことももちろんありましたが、振り返ってみると選んでよかったと思います。

なので、この記事を読んだ方で高専受けるか迷っていると言う方は、ぜひ受験してみてはいかがですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。